【必見】明治大学専門塾が解説する明治大学 商学部 政治経済の入試傾向と対策

菅澤孝平

明治大学専門塾MEI-PASSの代表菅澤です。

このページでは、明治大学商学部の政治経済の入試問題の傾向や特徴を解説しております。

明治大学に合格するには学部別の対策と同時に、科目別の対策も必要になってきます。明治大学商学部に合格したい方は「政治経済」の特徴や傾向を理解したうえで勉強に励みましょう。

▼30秒で回答可能!▼
無料説明会・2週間無料体験の

受講が可能です!
▼30秒で回答可能!▼
無料説明会・2週間無料体験の受講が可能です!

明治大学商学部とは

菅澤孝平

明治大学商学部についての情報は別途コチラに記載しております。

明治大学商学部を知りたい方はコチラより閲覧してください。

明治大学商学部「政治経済」の前提情報

試験時間60分
大問数4題
解答形式マークシート、記述
頻出単元政治分野・経済分野など全般
菅澤孝平

概要としては上記の通りです。


正誤問題が大きな比重を占めていると言えます。関連するキーワードを選択する場合であれば瞬時に解答に至ることができるものも多いですが、正しい文を選択するなどの場合は誤っている部分を正確に見出していくというように正確な理解ができているかが試験全体を通して問われます。

試験時間については一般的な設定となっています。したがって特に「時間がなくて解ききれない」というような心配は少ないことが推測できますが、後半の記述問題や全体の見直しにどの程度時間をかけられるかがとても重要になりそうです。

明治大学商学部「政治経済」の傾向

菅澤孝平

明治大学商学部政治経済の問題には、大きく分けて3つの問題が存在します。

正誤問題

組み合わせ問題

記述問題

以下の問題が存在します。

❶正誤問題

「正誤問題」とは、ここでは問題文で問われている事柄について、複数の選択肢から指定されたものを選択し、マークシートに記入して解答する問題のことを指します。

菅澤孝平

出題形式の中で最も多いタイプの問題一つになっているのがこの正誤問題です。基礎的な知識が問われるものではありますが、特に上にあるような文章を選択する問題では、より正確な理解をしていないと紛らわしい選択肢にひっかかってしまうことも多いため注意が必要な問題です。

➋組み合わせ問題

「組み合わせ問題」とは、ここでは問題で問われている事柄について、正しい組み合わせになっているものを選択し、マークシートに記入して解答する問題のことを指します。

菅澤孝平

こうした問題も必ず一定程度出題される傾向にあります。産業や経済の傾向についてしっかりと把握しておく必要があります。なぜそのような傾向になったのかというデータの因果関係が理解できているかを問われる問題です。

❸記述問題

「記述問題」とは、ここでは問題で問われた語句について、正しく記述して解答する問題のことを指します。

菅澤孝平

❶、❷とは異なって、自分の記述によって解答を作成しなければならない問題です。この問題も毎年一定程度出題されており、基本的語句をいかに正確に解答できるかが問われている傾向です。

もちろんマーク式問題のように解答用紙を「勘で埋める」ことはできませんし、誤字脱字などのミスも痛いミスとなってしまうことがあるので注意しましょう。

明治大学商学部「政治経済」の攻略法

菅澤孝平

続いて、明治大学商学部の政治経済の攻略法を記します。

ここに該当してない場合、合格は厳しいです。

しかし、これらに該当している場合は合格の可能性が高いと言っていいでしょう。

❶正確なインプット・正確なアウトプット

菅澤孝平

明治大学商学部政治経済攻略法1つ目、「正確なインプット・正確なアウトプット」です。


政治経済はやはり覚えなければならないことが多い科目です。そのためには何度も何度も同じ内容に触れるほか効率的で正確なインプットの方法はないのです。


もう一つ忘れてはならないのはアウトプットの作業です。反復的にインプットするのと同様にアウトプットも何度も繰り返し行いましょう。


一問一答形式の問題集などを存分に活用しながら、まずはキーワードとキーワードを結び付けて覚えていきましょう。例えば「池田勇人首相」ときたら「所得倍増計画」というキーワードを連想するように、まずはキーワードの中でも代表的なもの同士でもよいです。※ここで更に、正確な記述ができるように訓練しておくと、なお一層有効的です。

こうした知識の「正確さ」を身につけておくことで、正誤問題の正答率の向上が見込めるほか、解答に要する時間の短縮等にも繋がるので非常に重要なポイントです。

❷ 原因・概要・結論を説明できるように

菅澤孝平

明治大学商学部政治経済攻略法2つ目、「原因・概要・結論を説明できるように」するということです。

これは❶の次のステップと考えてください。❶では「まずキーワードとキーワードを結び付けて覚える」ことを念頭に置いてきましたが、ある程度それができるようになればそれぞれの事象の因果関係を理解していきましょう。


政治も経済も何かしらの理由のもとに変化してきたものなのです。なぜそのような結果になったのかを歴史の流れとともに紐解いていくととても分かりやすいことが多いのです。


教科書の文章を繰り返し読んだり、資料集などには一つのテーマに焦点を当てた年表があることも多いのでそれらを活用するとよいでしょう。最終的には他者に説明することができるようにすれば準備は万端です。

❸日々の報道に関心を持つ

菅澤孝平

明治大学商学部政治経済攻略法3つ目、「日々の報道に関心を持つ」ということです。

ニュースや新聞を見て「よく耳にするけどよく意味が分からない」、そんなことはありませんか?

このように報道の中で日々話題に上がっている話題というものに少し意識して注目してみましょう。


そうすると、その報道の内容がこの政治経済の中でよく取り上げられている内容と密接にかかわっていたということもしばしばあり、結果的に記憶に残って暗記しやすくなることがあるのです。

明治大学に合格するには?

菅澤孝平

とはいっても1人だと明治大学対策って難しいですよね。
正直、何から手を付けたらいいか分からないのが本音だと思います。

ご安心ください。

明治大学専門塾MEI-PASSなら受験生の皆様の明治大学受験を全力でサポートします。明治大学合格率85%という数字で受験生の皆様を明治大学合格に導きます。

MEI-PASSにご興味のある方は公式HPをご確認、もしくは下のリンクから無料受験相談にご応募ください。

▼30秒で回答可能!▼
無料受験相談・2週間無料体験の

受講が可能です!
▼30秒で回答可能!▼
無料受験相談・2週間無料体験の受講が可能です!