【必見】明治大学専門塾が解説する明治大学 経営学部 政治経済の入試傾向と対策

菅澤孝平

明治大学専門塾MEI-PASSの代表菅澤です。

このページでは、明治大学経営学部の政治経済入試問題の傾向や特徴を解説しております。

明治大学に合格するには学部別の対策と同時に、科目別の対策も必要になってきます。明治大学経営学部に合格したい方は「政治経済」の特徴や傾向を理解したうえで勉強に励みましょう。

明治大学経営学部とは

菅澤孝平

明治大学経営学部についての情報は別途コチラに記載しております。

明治大学経営学部を知りたい方はコチラより閲覧してください。

明治大学経営学部「政治経済」の前提情報

試験時間60分
大問数3題
解答形式マークシート・記述併用型
頻出単元経済分野・時事
菅澤孝平

学部ごとに出題内容が異なる政治経済の問題ですが、明治大学経営学部政治経済の問題では一部で記述方式による回答が求められます。とはいえども論述問題ではないので過剰に身構えることはありません。

マークシートの問題であれば、確証がなくても解答用紙を埋めてさえしまえば、運よく得点を得ることもできます。しかし、記述式解答であればそういう訳にはいきません。分からなければそこまでですが、語句があっていても漢字を間違えてしまった、なんてことがあれば目も当てられません。マークシートの選択問題に比べると、得点に繋がらないリスクは高いと言えるでしょう。

明治大学経営学部「政治経済」の傾向

菅澤孝平

それでは、明治大学経営学部「政治経済」の特徴・傾向を見ておきましょう

明治大学経営学部の問題は、大きく分けて3つの問題が存在します。

語句記述

正誤問題

❸組み合わせ正誤問題

以下の問題が存在します。

①語句記述

例:

語句記述とは、マークシート型ではなく自分で正しい解答を記入するタイプの問題です。

菅澤孝平

マークシートとは異なり、「当てずっぽう」が効かない問題です。そもそもうろ覚えでは解けませんし、語句自体を覚えていたとしても正しい漢字で書くことが出来なければ得点にはならないでしょう。ここ数年は必ず出題されており、絶対に落としてはいけない問題といって差し支えありません。
今後は知識をつける際に意識して漢字もまとめて覚えてしまった方がいいでしょう。特に難しい漢字や、長い語句には特に注意が必要です。

②正誤問題

例:

正誤問題とは、複数の選択肢から指定されたものを判断し、マークシートに記入して解答する問題です。

菅澤孝平

この形式の問題が政治経済の問題では大半を占めているため、これが出来なければまず話になりません。
かなり詳細な内容を聞いてきたり、上に挙げた問題のように、問題で挙げられている資料の読み解きなどが絡められていたりと、レパートリーや難易度は様々です。

③組み合わせ正誤問題

例:

組み合わせ正誤問題は、正誤問題と様式は同じものの、選択肢から複数の解答を選択しなくてはならない問題です。

菅澤孝平

先述の正誤問題とは異なり、複数の解答を導き出さねばならない問題です。少々難易度が高いように思えるかもしれませんが、基本的には正誤問題と同じであると考えていいでしょう。こちらも警戒すべき問題です。

明治大学経営学部「政治経済」の攻略法

菅澤孝平

続いて、明治大学経営学部の政治経済攻略法を記します。

ここに該当してない場合、合格は厳しいです。

しかし、これらに該当している場合は合格の可能性が高いと言っていいでしょう。
明治大学経営学部の政治経済科目を取り切りたい受験生はぜひ参考にしてください。

❶正確なインプット・正確なアウトプット

菅澤孝平

明治大学経営学部政治経済攻略法1つ目、「正確なインプット・正確なアウトプット」ことです。


教科書や参考書通りの正確な情報を、頭でしっかりと「捉え」(=インプット)、この捉えたものを正確に文章や言葉を用いて「自分の力で再現できる」(=アウトプット)ことが重要です。

捉えられていれば再現が出来て、再現が出来れば捉えられているという相互的な関係性がある、という訳です。

全教科で共通した基本中の基本ですが、政治経済では特に重要になってきます。教科の特性上、正確な理解・再現が出来ないとかなり難しいです。逆に捉えれば、それさえ出来てしまえば、そこまで身構える必要のある教科ではなくなるということです。

❷原因・概要・結論を説明できるように

菅澤孝平

明治大学経営学部政治経済攻略法2つ目、「原因・概要・結論を説明できるように」ということです。

①で挙げたことと重なりますが、「自分の言葉で物事について説明できる」ことができればかなりの武器になります。


例えば、

・「ソビエト連邦」とは一体どのようなものなのか

・「ソビエト連邦」がなぜ成立したのか

・「ソビエト連邦」はどのような結果をたどり、どのような効果を周囲にもたらしたのか、ということを自分オリジナルの表現で説明、つまり再現できればもう「ソビエト連邦」という物事については恐れるに足らず、という訳です。


そもそも、「政治経済」は語句暗記では太刀打ちできない教科です。年代と出来事、その人物を一つ一つ覚えることは不可能に近く、仮にできたとしても、いざ演習となった時には歯が立ちません。記憶の中で、出来事同士のリンクがないためです。
決して政治経済だけに限った話ではないですが、いくらインプット量が多かろうとも、それを解答としてアウトプット出来なければ、その記憶した事柄は何ら意味をなさないのです。

上に挙げたような事をしっかり再現できるような学習を心掛けていきましょう。

明治大学に合格するには?

菅澤孝平

とはいっても1人だと明治大学対策って難しいですよね。
正直、何から手を付けたらいいか分からないのが本音だと思います。

ご安心ください。

明治大学専門塾MEI-PASSなら受験生の皆様の明治大学受験を全力でサポートします。明治大学合格率85%という数字で受験生の皆様を明治大学合格に導きます。

MEI-PASSにご興味のある方は公式HPをご確認、もしくは下のリンクから無料受験相談にご応募ください。