【必見】明治大学専門塾が解説する明治大学 経営学部 数学の入試傾向と対策

菅澤孝平

明治大学専門塾MEI-PASSの代表菅澤です。

このページでは、明治大学経営学部の数学入試問題の傾向や特徴を解説しております。

明治大学に合格するには学部別の対策と同時に、科目別の対策も必要になってきます。明治大学経営学部に合格したい方は「数学」の特徴や傾向を理解したうえで勉強に励みましょう。

▼30秒で回答可能!▼
無料説明会・2週間無料体験の

受講が可能です!
▼30秒で回答可能!▼
無料説明会・2週間無料体験の受講が可能です!

明治大学経営学部とは

菅澤孝平

明治大学経営学部についての情報は別途コチラに記載しております。

明治大学経営学部を知りたい方はコチラより閲覧してください。

明治大学経営学部「数学」の前提情報

試験時間 60分
大問数3題
解答形式マークシート型
頻出単元数と確率、数列、ベクトル、微分・積分
菅澤孝平

明治大学経営学部数学の問題は基本的な問題がほとんどを占めています。そのため、しっかりと対策をしていた人は他の受験生に大きく差をつけられますが、逆に対策を怠ると他の受験生に大きく差をつけられてしまいます。

明治大学経営学部「数学」の傾向

菅澤孝平

明治大学経営学部の問題は、以下の問題が存在します。

マークシート型

以下の問題が存在します。

■マークシート型

例:

マークシート型の問題では求値式の問題が出題されます。

菅澤孝平

マークシート型の問題では部分点が存在しないと考えられます。そのため正確な計算力と解き終えたあとに自分の答えが合っているのかの確認が求められます。

明治大学経営学部「数学」の攻略法

菅澤孝平

続いて、明治大学経営学部の数学攻略法を記します。

ここに該当してない場合、合格は厳しいです。

しかし、これらに該当している場合は合格の可能性が高いと言っていいでしょう。

❶正確な計算力を身につける

菅澤孝平

明治大学経営学部数学攻略法1つ目、「正確な計算力を身につける」ことです。

受験数学では正確な計算力が求められるからです。特に明治大学経営学部数学の問題形式はマークシート型です。解法が当たっていたとしても答えが違えば、解いてない人と得点が変わらなくなってしまいます。計算間違いをしないためにも普段から気をつけて勉強しなければなりません。例えば間違えノートを作ると格段に計算間違いが減ります。自分のおかしやすいミスがどういったミスなのかが見えてくるので、計算間違いが多い人は間違えノートを作成しましょう。

他には実際に問題を解くときに後で見直しがしやすいように計算過程をしっかりとメモしておくことが大切です。自分の解いた計算過程がわからないと間違えに気づいたときに最初から解きなおさなければなりません。計算過程を書いておくことでどこで計算ミスしているのか、数学的矛盾が生じているのかを見つければ正しい答えにたどり着けるので、必ず計算過程は残しておきましょう。また、複数の解法で問題を解くことが出来るとなお計算ミスは減ります。時間に余裕があるときや、時間が余って見直しをする際に、違った解法でも解いてみることでミスに気づきやすくなります。

❷教科書に載っている公式は証明できるようにする

菅澤孝平

明治大学経営学部数学攻略法2つ目、「教科書に載っている公式は証明できるようにする」ということです。

なぜなら、教科書に載っている公式の証明が出来るようになると自ずと様々な種類の問題が解けるようになるからです。明治大学経営学部数学では基本的な問題がほとんどです。教科書に載っている公式を証明することで基本的な数学的な思考法を身につけることが出来ます。数学では、公式を証明する過程で使う数学的思考を活かして解ける問題が多く出題されます。そのため、公式をただ覚えるのではなくしっかりと証明が出来て使いこなせるようになることが必要です。公式とその公式を証明したものをまとめるノートをを作るなど、工夫をして勉強することで、効果的に公式を覚え、証明できるようになります。学校や塾等で配布された参考書で出てきた公式をもう一度見直し、忘れてしまっていたものや証明が出来ないものがないか確認しましょう。

❸基礎的な問題演習こそしっかりと行う

菅澤孝平

明治大学経営学部数学攻略法3つ目、「基礎的な問題演習こそしっかりと行う」です。

なぜなら、明治大学経営学部数学では基本的な問題がほとんどだからです。そのため問題文を見たときにまず何を聞かれているのかを正確に判断しなければなりません。正確に瞬時に判断するためには基礎的な問題演習を行い、ある程度の難易度の問題であれば問題を理解したら、解法が最後まで思い浮かぶようにしていなければなりません。基礎的な問題演習は幾分退屈で難しい問題に挑戦したくなる気持ちはわかりますが、数学で安定して高得点を取るためには、難しい問題にどれだけ手を出したかではなく、基礎的な問題演習をどれだけ積んだかが大切になってきます。基礎的な問題演習だからといって手を抜くのではなく基礎的な問題演習だからこそしっかりと丁寧に行う意識が必要です。基礎的な問題演習で間違いがあった場合は復習を行い、次に似たような問題と出会ったときには間違えないようにしましょう。

❹答えを最後まで出し切る学習を行っている

菅澤孝平

明治大学経営学部数学4つ目、「答えを最後まで出し切る学習を行っている」です。

理由は簡単です。実際に答えを最後まで出し切る能力がなければ問題を解ききることが出来ないからです。数学を学習するうえでよく聞く話が、「途中までできたけどここからどうすればいいか分からないから答えをみた。」ということです。学習している単元で求められている思考法が身についてきて、だいたいは分かるという状態になったときになんとなく解けてる感が出てきてしまいます。そのため、最後の計算の仕方が分からないなど、ちょっとした部分でのつまづきや、学習している単元でないところでのつまづきをそのままにしている受験生は多いです。それでは、受験本番答えが出し切れず悔しい思いをすることになります。普段の学習から時間がかかろうとも最後の最後まで考え抜く知的体力をに見つけることで明治大学経営学部数学の正答率はグンとあがってきます。

明治大学に合格するには?

菅澤孝平

とはいっても1人だと明治大学対策って難しいですよね。
正直、何から手を付けたらいいか分からないのが本音だと思います。

ご安心ください。

明治大学専門塾MEI-PASSなら受験生の皆様の明治大学受験を全力でサポートします。明治大学合格率85%という数字で受験生の皆様を明治大学合格に導きます。

MEI-PASSにご興味のある方は公式HPをご確認、もしくは下のリンクから無料受験相談にご応募ください。

▼30秒で回答可能!▼
無料受験相談・2週間無料体験の

受講が可能です!
▼30秒で回答可能!▼
無料受験相談・2週間無料体験の受講が可能です!