【必見】明治大学専門塾が解説する明治大学 政治経済学部 数学の入試傾向と対策

菅澤孝平

明治大学専門塾MEI-PASSの代表菅澤です。

このページでは、明治大学政治経済学部の数学入試問題の傾向や特徴を解説しております。

明治大学に合格するには学部別の対策と同時に、科目別の対策も必要になってきます。明治大学政治経済学部に合格したい方は「数学」の特徴や傾向を理解したうえで勉強に励みましょう。

明治大学政治経済学部とは

菅澤孝平

明治大学政治経済学部についての情報は別途コチラに記載しております。

明治大学政治経済学部を知りたい方はコチラより閲覧してください。

明治大学政治経済学部「数学」の前提情報

試験時間60分
大問数2~3題
解答形式マークシート・記述併用型
頻出単元三角関数・積分法
菅澤孝平

数学の科目は私立大学入試であってもマーク式だけではなく記述式の解答を求めてくる場合が多いです。しかしその分、問題数は他科目と比べて少なくなります。

数学は他の科目と違って得意であればあるほど「満点」を狙える科目になってきます。

それは問題数の少なさにあります。日本史や世界史は問題数が多いので満点を狙うのは難しいですが、数学は少ないからこそ1つあたりの問題に対する得点が上がるので満点を狙えます。また、数学は平均点が低いので満点を取れると、他科目との得点調整が入り100点を超えることが出来ます。数学はおいしい科目です。

明治大学政治経済学部の数学は試験時間が60分と短く、それに対して問題数はそれほど少ないわけではないため素早く正確に計算することが求められます。

明治大学政治経済学部「数学」の傾向

菅澤孝平

それでは、明治大学政治経済学部「数学」の特徴・傾向を見ておきましょう。

菅澤孝平

明治大学政治経済学部「数学」の問題は、大きく分けて2つの問題が存在します。

マークシート型

記述型

以下の問題が存在します。

■マークシート型

例:

マークシート型は共通テストやセンター試験のように解答の「流れ」を与えられ、それに沿って答える問題です。

菅澤孝平

マークシート型は明治大学政治経済学部「数学」入試の前半に位置する問題であり、合格のために高得点を確保しておきたい分野です。あらかじめ問題に対して解答の流れを与えられているために、いかに早く流れをつかみ正確に計算するかが重要になります。

■記述型

例:

記述型は自分の手で計算式・解答を用紙に書く問題です。

菅澤孝平

記述型は明治大学政治経済学部「数学」入試の後半に位置する問題であり、マークシート型で手堅く得点を稼いだ後受験者のなかで「差がつく」問題となっています。マークシート型とは違い解答の流れから自分で考え、記述するため時間がかかります。解ききれない場合は「いかに失点をしない解答をするか」が重要になってきます。

明治大学政治経済学部「数学」の攻略法

菅澤孝平

続いて、明治大学政治経済学部「数学」の攻略法を攻略法を記します。

ここに該当してない場合、合格は厳しいです。

しかし、これらに該当している場合は合格の可能性が高いと言っていいでしょう。

❶日本語を瞬時に数式に言い換える

菅澤孝平

明治大学政治経済学部「数学」攻略法1つ目、「数式への翻訳」です。

問題文で与えられている条件を瞬時に数式に言い換えることが数学では重要になってきます。

例えば簡単な例で言えば、「xy座表平面上において中心が(5,6)、半径が2の円を表す方程式」という条件が与えられたなら、(x-5)+(y-6)=4 という数式に落とし込むことが可能です。このように日本語を数式に言い換えることができれば、数学の実力を上げることができます。

❷計算間違いを最小限に抑える

菅澤孝平

明治大学政治経済学部「数学」攻略法2つ目、「計算を正確にすること」ことです。あとから計算間違いに気づいて修正していると、大きな時間のロスになります。

これに関しては、①普段の問題演習 ②試験中 の二つで気を付けておくことがあります。

①普段の問題演習では、問題数を重ねている中で「どこで計算間違いを起こしやすいのか」を発見してみましょう。どこで間違いやすいかは人によって違いますし、頻度もまちまちです。そのことを発見し、普段からそこを間違えないように意識していくことで改善が見込めます。

②試験中は、一つの式を出すたびに、一瞬でもいいので本当に答えがあっているかどうか確認しながら解き進めてみましょう。一見回り道になりスピードが落ちてしまうのではないかと心配になってしまう方もいらっしゃるかもしれません。しかし「序盤の計算ミスで解答全てを書き直さなければならなくなった…」となり大きく時間ロスするより余程良いです。

➌素早く計算する

菅澤孝平

明治大学政治経済学部「数学」攻略法3つ目、「計算をスピーディにすること」ことです。正確にやろうとした結果時間が足りなくなってしまったのでは本末転倒です。そこで①計算を止めない ②計算を短縮する という方法を実践してみましょう。

①計算を止めない

数学を教える方々の中には、「とりあえず手を動かせ」という格言のようなものをいう方がいます。これはどういうことかというと、類似問題への解答の「型」を十分に身に着けた状態で、頭で考える前に計算を始めてみよ、続けてみよということです。頭だけで考えても分からなかった問題でも、計算を続けていくうちに解けてしまった、ということが起こりえます。ただし、あくまである程度解答の筋道が分かることが前提になっているので、試験を受ける前にしっかりと問題演習を重ねておきましょう。

②計算を短縮する

計算を短縮する方法を知っておくことも重要です。例えば、数学の問題でしきりに出てくる11の二乗、12の二乗、13の二乗等の答えを暗記しておくことや、式を分解してできるだけ簡単な式に直してから計算することを意識してみてください。その他計算を短縮する方法は数学の参考書やネットに紹介されているものを参照しましょう。

❹解答の筋道を素早く立てる 問題を見て即座に解答の型を思い浮かべる

菅澤孝平

明治大学政治経済学部「数学」攻略法4つ目、「解答の流れを素早く捉える」ということです。問題演習を重ね、今までに使った解答の型からどれを使えばいいのか瞬時に選択できるかどうかがポイントです。

❺減点をされない解答の書き方をする

菅澤孝平

明治大学政治経済学部「数学」攻略法5つ目、「減点を抑える」ということです。今までの記述模試などの解答を振り返って、「どうすれば減点されない記述ができるのか」を把握しておくことが重要です。

それには①初めて答案を見た人が理解できるように書く ②論理立てて書く ③字を丁寧に書く ということを意識してみましょう。

①初めて答案を見た人が理解できるように書く

採点をする人は自分ではなく、他人です。それゆえに自分が何を考えてこのように記述したのか伝わらず、減点をされてしまうケースが存在します。なので、設定した前提条件(例えば、この記号はこれを表す、等)を省かずに書いたり、自分がどう考えてこの式を立てたのかを書いておきましょう。答案作成に不安を感じたら、数学の先生や友人に答案をチェックしてもらって、初めて答案を見た人が分からない書き方になっていないかどうか確かめましょう。

②論理立てて書く

他の科目でもそうですが、数学は特に論理立てることが重要な科目です。答案の中で、論理の飛躍が起こっていないか、理由と結果が例外なくマッチしているか等点検しながら書く癖をつけていきましょう。

③字を丁寧に書く

これは当たり前のことですが、最低限採点する人が読めるような字で書きましょう。何が書かれているかわからないと、その部分が伝わらず減点の対象になってしまう可能性があります。

明治大学に合格するには?

菅澤孝平

とはいっても1人だと明治大学対策って難しいですよね。
正直、何から手を付けたらいいか分からないのが本音だと思います。

ご安心ください。

明治大学専門塾MEI-PASSなら受験生の皆様の明治大学受験を全力でサポートします。明治大学合格率85%という数字で受験生の皆様を明治大学合格に導きます。

MEI-PASSにご興味のある方は公式HPをご確認、もしくは下のリンクから無料受験相談にご応募ください。