代表挨拶|MEI-PASS

MEI-PASSとは?

《MEI-PASS》とはゼロから、【参考書による自学自習】によって

【明治大学】に合格することを目的をした

オンライン家庭教師】の学習支援サービスです。

一人一人の生徒に合わせた独自のカリキュラムで、家庭教師が親身に寄り添い徹底的に指導いたします。

一人一人に合ったカリキュラムでやるからこそ、どんなにレベルが低い生徒でも明治大学への「逆転合格」「下克上」が可能です。

《MEI-PASS》で自分の限界を超えてみましょう。

挨拶

はじめまして。菅澤孝平と申します。

この度はMEI-PASSのHPしかも「代表挨拶」をご覧下さりありがとうございます。

私は、受験生時代に参考書を使った独学の経験から明治大学に逆転合格しました。

その独学の経験から、少しでも明治大学に合格する可能性のある受験生・高校生をサポートしたいと共に、

MEI-PASSで培った能力を使って「可能性のある」大学生、それも明治大学生になってほしいと感じます。

現状、大学生の多くが「自分で考え実行する力」がありません。

それは一種、現行の教育体制にあるのだと思います。

講師のいうことは絶対。言われた通りのことをやればそれでOK。

思考力が身につくはずもありません。

その思考力がゼロの状態で大学に行っていいのでしょうか?

そんな4年間は本当に意味があるのでしょうか?

どんなに自分の志望する大学に入れたとしても、その大学生活を有意義に使えない大学生は結局どこの大学に行っても変わりません。

私はそんな大学生、しかも明治大学生が増えるのは御免です。

自分で考える能力、自分で考え実行する能力を使う自学自習を身に着けさせ、大学に入ってから、社会に出てからでも通用する力を身に着けてほしいと考えています。

このMEI-PASSは、そんな私の高校生時代の経験を生かしつつ、明治大学に入りたい受験生を応援し、可能性のある明治大学生を創出するサービスです。

明治大学の「MEI」+合格するの「PASS」&受験生自信のコンパスになりうる存在として「PASS」を掛け合わせ「MEI-PASS」でございます。

経歴:

学年内容
中学3年生第一志望校の高校に入れず、なくなく私立の非進学校に進学。
高校1年生国立を目指すコースに入るも、勉強をする習慣もなく進研模試で偏差値40を取るなど成績不良で私立コースに進む。

親から「このままで大丈夫か?」と言われるも危機感なし。
高校2年生後半に進研模試全体偏差値40をたたき出し、 自分の成績が悪いことを初めて知る。
また仲のいい友達が自分よりできていて焦りを感じる。

危機感から、多くの勉強法を調べる。そこで人生を変えたYoutubeの動画を見る。
自学自習を決意。

自学自習のやり方を動画や記事を見て収集。

自分に基礎が基礎がないことを初めて知る。
SVOCもBe動詞も知らない。

しかし、1つ1つ自分の穴を解決していくことで「分かる」ことが増えていくことを実感。
このまま成績が上がるのではないか?それだけを信じ切って勉強に励む。
高校3年生実際に成績が上がる。

自分の分からない所を分かるようにすれば成績が上がることを実感。

早稲田C判定。

その後も順調に成績が上がるも、冬の時点で精神を病む。

明治大学政治経済学部に進学。

SVOCも分からない状態から、自学自習(独学)×参考書だけで非進学校から大学受験を突破。

MEI-PASS設立理由

弊サービスは下記の理由から創立しました。

自学自習×参考書をした経験から家庭教師のような存在が欲しかったから。

授業形式への疑問があったから。

現行の教育システムでは可能性ある大学生は創出できないから。

■自学自習×参考書をした経験から家庭教師のような存在が欲しかったから

自分自身、受験の際に独学を決意しました。つまり、参考書の自学自習をおこなって大学受験に挑んだという事です。

理由としては、成績が悪すぎて予備校に入ってもついていけないという自覚があったから、また授業を聞いているだけでは退屈だし、今まで授業を聞いてきて成績が悪いのだからまた同じことの繰り返しだろうと思ったからです。

最初の方は多くの苦労をしました。SVOCもBe動詞も分からない状態で、何をすればいいのか分からない、どう進んでいけばいいか分からない、そんな状態でした。

苦悩の中諦めかけたときもありましたが、少しずつ勉強に食らいついていく中、自分の手でわかるまで勉強をしていくので、今までの人生の中で一番成績が伸びていきました。

ただ授業を聞くのではなく、自分の手で勉強をしていく、その過程がRPGゲームみたいで面白かったのです。

その結果、受験最後の模試で早稲田大学C判定。

行ける自信はありました。

結果としては明治大学政治経済学部に進学することにはなりましたが、目標に向かって一生懸命取り組めたので満足はしています。

ですが、自学自習の際に自分のことを引っ張ってくれる「家庭教師」のような存在がいてくれたらもっとスムーズに行けたと思いますし、受験の追い上げで精神を病んでしまった経験から自分のことを親身に考えてくれる存在やアドバイザーみたいな存在がいればよかったなと思いました。

明治大学を目指す受験生が、明治大学に行ける可能性を少しでもなくしてはならないと弊サービスは考えています。

■授業形式への疑問があったから 

また、受験勉強をする際の「授業形式」が私個人として疑問でした。

授業は分からない生徒にも、できる生徒にも一律という形式であり、成績の悪かった僕個人としては授業を受けている間は分からないし、おいてけぼりにされるし、とても苦痛でした。

授業を聞いているだけでは、絶対に成績は上がらない。その時気づきました。

授業の時には「なんとなく理解」していたものを、自分で勉強することによって「本質の理解」まで落とし込む、これが一番成績の伸びる理由であり、実際にそれで成績が伸びていきました。

もちろん授業形式を批判しているわけではございません。

成績のいい人にとってはいいと思います。

ですが、特に成績の悪い人には「授業形式」は合わないものとなるでしょう。

成績の悪い生徒こそ、個人個人に合わせた自学自習×参考書というものが効果を発揮すると考えています。

■現行の教育システムでは可能性ある人間は創出できないから。

また私自身、現行の教育システムに多くの疑問があります。

言われたことだけをできればそれでいい。

このような受け身の教育が日本の教育であると感じます。

実際にそのような教育だからこそ、大学に入って「指示する人がいない」ために、何をしたらいいのか明確に分からない大学生があふれかえっています。

自分のしたいことが分からない。

自分の将来が分からない。

こういう人が多いのです。全ては現行の教育の「無思考無批判」教育が原因であると考えます。

このような大学生になってほしくないし、そのような状態ならどの大学に行っても同じです。

私はそのような大学生を少しでも減らしたい、もっと可能性ある大学生が増えてほしいと感じます。

以上の理由から私、菅澤孝平はMEI-PASSを創立しました。

絶対に入会したあなたを後悔させません。

MEI-PASS費用

もし少しでも

MEI-PASSに興味を持ってくださったら、

今だけ無料受験相談を行っております。

また、無料受験相談後2週間の無料体験も行っております。

合わせてご確認ください。

この機会にぜひ。

© 2020 MEI-PASS