MEI-PASS 受験勉強 明治大学

MEI-PASSで受かるには?MEI-PASSを徹底解説。

MEI-PASSとは?

MEI-PASSとは、【自学自習×参考書×家庭教師×オンライン×明治大学】のサービスです。

つまり、明治大学合格に向けて参考書で自学自習をする方法を「家庭教師」がオンラインで指導する形態です。

本当にこの形で受かるのか?、そう思われる人もいるでしょう。

今回は、MEI-PASSの指導形態を解説しながら、なぜ成績が上がるのか、なぜ予備校よりMEI-PASSなのかを解説したいと思います。

なぜ成績が向上するのか?

なぜ【自学自習×参考書×家庭教師×オンライン】のサービスで成績が上がるのか不安に思われた人もいるでしょう。

それには、2つ理由が存在します。

【MEI-PASSで成績が上がる理由】

■自学自習×参考書が一番効率がいい

■家庭教師のようなメンターが勉強には必要

■自学自習×参考書が一番効率がいい

皆さんは、予備校に通われたことはありますか?

通ったことがある人もいるでしょう。通おうか通わないか迷っているそういう人もいるでしょう。

予備校は基本的に一人の予備校講師が、大勢の生徒に向かって講義をする形態をとっています。

この「予備校」には大きな欠陥があるのです。

【予備校の欠陥】

■生徒全員に同じ授業

■来週になるまで授業は進まない

■授業だけでは成績が伸びない

■生徒全員に同じ授業

予備校は、多くの生徒を抱え持つがために一人の講師が大勢の生徒に授業をするという形態をとっています。

確かに多くの生徒を抱え持つためにこのようなやり方で、授業をしていくのは理にかなっているのですが、果たしてこのやり方は生徒一人一人に合った授業スタイルなのでしょうか?

生徒一人一人は得意な教科も、苦手な教科もバラバラです。

MEI-PASSの見解としては、生徒自身のレベルが違うのに同じ授業をするのはかなり非効率だと考えます。

■来週になるまで授業は進まない

また予備校の授業というのは、来週の授業日になるまで授業を行いません。

予備校講師は、地方や都内を行ったり来たりしているので決まった日に指導するしかないのです。

ということは月に4回しかその科目の授業がないということです。

つまり、回数が決められている分生徒の成長には「限界」があるという事です!

また分からない問題があっても来週まで聞くことはできません。

本当に効率がいいのでしょうか?

■授業だけでは成績が伸びない

予備校の授業は分かりやすくその単元を解説します。

とても分かりやすい授業であることは理解できるのですが、その授業の内容をあなたはその次の日に覚えていますか?

授業というのは非常に記憶に残りにくいものです。

MEI-PASS メイパス 明治大学 オンライン家庭教師 自学自習による参考書学習 

これはアメリカ国立研究所が発表した「ラーニングピラミッド」と呼ばれるものです。

これによると講義形態の授業は学習において1番効率が悪いという研究結果が出ています。

授業を受けているだけでは成績が伸びないのです。

「ラーニングピラミッド」のように他人に教える経験や自らが学んだことを実践しないと習得しないのです。


MEI-PASSは違います。

MEI-PASS メイパス 明治大学 オンライン家庭教師 自学自習による参考書学習 

MEI-PASSは大手予備校の「授業形態」をとりません。

「授業形式」をとらない理由としては下記の理由が挙げられます。

■個人に寄り添っていない

■逆転合格が見込めない

■授業形式では成績が上がらない

ですが反対に【自学自習×参考書×家庭教師×明治大学】の方式をとるMEI-PASSは予備校と違って下記のような特徴を持っています。

■個人に寄り添っている

■逆転合格が見込める

■真の意味で自分に知識が身につくまで先に進めない

という形です。

その理由としては、

【MEI-PASSが強い理由】

■一人一人のレベルに合った参考書とカリキュラムを家庭教師が策定

■参考書に授業内容が全て書いてあるので、それを毎日進めることで予備校生の7倍のスピードで勉強できる

■セルフレクチャー指導の徹底で「分かった気」をなくす

どんなに成績が悪くとも、授業をすることで生徒を置いてけぼりにするのではなくて

一人一人の生徒の状況・志望校を理解した中で生徒自身に合った参考書やカリキュラムを策定するため置いてけぼりにしたり、分からないままにするという事はありません。

また参考書に全ての授業内容が書いてあります。

来週まで授業を待つのではなくて、自分でその参考書を進めてみることが一番早いのではないでしょうか?

理論的に考えると、翌週まで授業を待つ予備校生よりも、毎日授業を進めるMEI-PASS生の方が7倍のスピードで参考書をすることになるので、生徒にやる気さえあればどんなに成績が悪くとも逆転合格が可能なのです。

また授業内容を「分かる」段階までもっていくことは予備校でやりますが、そのあとの「できる」「やってみる」教育までは予備校ではしてくれません。

MEI-PASSでは毎週家庭教師と行う「特訓日」に自学自習の勉強方法を徹底的に教えながら、参考書で勉強した内容を家庭教師に説明させるよう促します。

上の「ラーニングピラミッド」にもありましたが、他人に説明させることが一番効率がいい勉強法です。

セルフレクチャー指導によって生徒の「分かった気」をなくします。

これがMEI-PASSの強みです。

このような理由から、MEI-PASSの「自学自習×参考書」が一番効率がいい理由がお分かり頂けましたでしょうか?

■家庭教師のようなメンターが勉強には必要

MEI-PASS メイパス 明治大学 オンライン家庭教師 自学自習による参考書学習 

MEI-PASSだから受かる理由、2つ目。家庭教師という存在です。

MEI-PASSでの家庭教師の役割は2つあります。

■一番効率のいい「参考書×自学自習」の方法を明治大学に受かるために解説

■生徒の質問を24時間365日答える

■一番効率のいい「参考書×自学自習」の方法を明治大学に受かるために解説

まず家庭教師の存在理由、1つ目は「参考書×自学自習」というやり方を家庭教師が一人一人に寄り添いながら丁寧に教えるというものです。

先ほどの見出しでも語りましたが、参考書×自学自習というやり方が受験勉強において一番効率がいいです。

なぜなら予備校生よりも早いスピードで学習し、自分で「分かる」⇒「できる」⇒「やってみる」までもっていくからです。

成績は授業を聞いていては伸びません。それを自分の手で学習し、手を動かし、問題を解き、復習をすることで伸びるのです。

それが自学自習×参考書では勉強していく過程でできる、授業を聞いてから実行に移さなくていいので効率がいいのです。

でも、なかなか自分で自学自習するのは難しい…参考書をやるのは難しい…そういう人もいるでしょう。

そういう人のために、存在するのがMEI-PASSなのです。

一人一人の生活スタイルや性格、特徴にあわせいかにして自学自習ができるのかを生徒一人一人に落とし込みます。

自分で勉強、自分で改善できるような生徒に成長しますので、大学受験はもちろんのこと社会に出ても通用する自分で考え実行する人間をつくります。

■生徒の疑問に24時間365日答える

また自学自習方法を解説して終わりにするのではなく、MEI-PASSは24時間365日休みなく質問をすることが可能なシステムを取っています。

確かに参考書での自学自習方法を実践することで成績は伸びるのですが、「どうしてもここが分からない」「解説を読んでも分からない」というところが存在してきます。

そういった疑問を残したまま次に進んでしまうのにはリスクがありますし、その疑問を解消できない環境があるという事は予備校と変わりがありません。

MEI-PASSではそういった環境を解消するために「LINE」を使い、家庭教師に質問をすることで疑問や不安を解消することが出来ます。

先ほど予備校は来週になるまで質問することができないと述べました。

その理由としては、予備校に通う生徒が多すぎるのでオンラインで質問可能にしてしまうと取り返しがつかないことになるのと、予備校講師が都内や地方を行ったり来たりしているのでオフラインで毎日のように会うことはできないのです。

ですが、MEI-PASSは質問をする場所をオフラインではなくて、オンラインにするためにいつでもどこでも質問をすることが可能になります。

ちょっとした疑問、質問、不安に1週間も費やすなんて馬鹿みたいですよね。オンラインで解決すればよくないですか?


上記からまとめると、MEI-PASSで受かる理由は下記にあります。

■自学自習×参考書が一番効率がいい

■家庭教師のようなメンターが勉強には必要

この上記二つから、MEI-PASSは効率よく、成績を上げることができるので予備校生よりもとてつもないスピードで同じ受験生を追い抜いていきます。

MEI-PASSは明治大学に受かるために最強のツールです。

成績が伸び悩んでいる人、予備校の授業方式に疑問を持っている人、偏差値40台で明治大学は絶望的だよと言われた人、MEI-PASSなら受かります。

予備校では成績が上がらない理由

MEI-PASS メイパス 明治大学 オンライン家庭教師 自学自習による参考書学習 

そもそも普通の人であるならば、予備校の授業方式であれば成績は上がらない仕組みになっています。

その理由は下記です。

■授業では「分かる」授業をするので「やってみる」「できる」まで自分で行う必要がある

■翌週にならないと授業が進まない

■差が付かない

■「やってみる」「できる」まで自分で行う必要がある

あくまでも予備校は「分かりやすく」授業を行う場であり、わかりやすく説明した授業を実際にやってみる場ではありません。

「分かる」のその次にある、「できる」「やってみる」は自分でやらなければなないのです。

と考えると、元々自発的な生徒は復習や自学自習をするのでできる生徒はできるようになるし、できない生徒はできるようにはならないという連鎖が続きます。

という事はそもそもの問題に戻って、自学自習ができるようになれば成績が上がるという事です。

自分で「やってみる」「できる」の段階に持っていけばいいのです。そのやり方を教えるのがMEI-PASSのやり方です。

■翌週にならないと授業が進まない

先ほども述べましたが、予備校は翌週にならないと授業が進みません。

授業回数が決められているという事は、成長できる限界が決まっているという事です。

ですので日東駒専コースにいる人は日東駒専に行くか、それ以下だし、MARCHコースにいる人はMARCHかそれ以下だろうし、

早慶に行く人は早慶に行くか、それ以下となります。

つまり、日東駒専コースからMARCHに合格したり、早慶に合格することがないといえます。

ですが、MEI-PASSは予備校生徒よりも7倍速い参考書を使った自学自習学習、しかも自分で「やってみる」「できる」学習までもっていくので成績の伸びに限界はないのです。

偏差値40からでも明治大学に合格することが可能です。

■差が付かない

予備校はクラス制で授業を行います。

難易度順に分かれ授業を受けることになりますが、その生徒全員に同じ授業をするという事はどんなに頑張っても教えられたことしか学べないのですからクラス内に大きな差は生まれないことが分かります。

つまり、そのクラスの中では偏差値50という訳です。

クラスの中でしか差が生まれない、つまり偏差値50という事は先ほども言ったように「限界」が見えているという事です。

進み大学は自分の所属するコースで決まってしまうという事です。

■授業では「分かる」授業をするので「やってみる」「できる」まで自分で行う必要がある

■翌週にならないと授業が進まない

■差が付かない

このような理由から、予備校に通っても自発力がある人は伸びるが、自発力がない人は伸びないという事が分かります。

という事は自発力がない人はそもそも予備校に通う事はあまりオススメしません。

自発力、自学自習力は学ばないと身につかないものです。

MEI-PASSでなら学ぶことが出来ます。つづいてはそんなMEI-PASSの強みをご紹介します。

MEI-PASSの強み

MEI-PASS メイパス 明治大学 オンライン家庭教師 自学自習による参考書学習 

ここまで読んでくれた親御さん、生徒さんならもうわかると思います。

まとめると

■MEI-PASSは【自学自習×参考書×家庭教師×明治大学】に特化したサービス。

■参考書による自学自習は、予備校の授業よりも効率的。成績の伸びに限界がない。

■自学自習のプロである家庭教師のサポートで自立できる。

■家庭教師という存在がいることで、生徒の不安や疑問を徹底的に解消。

■受験勉強も、大学に行っても、社会に出ても通用する「自立力」が身につく。

ざっとまとめるとこのような形です。

もっと、MEI-PASSの強みを深く知りたい方はこちらからご覧下さい。

詳しくはコチラ

MEI-PASSにまずは無料受験相談

MEI-PASS メイパス 明治大学 オンライン家庭教師 自学自習による参考書学習 

気になった生徒さん、親御さんはぜひともMEI-PASS所属の家庭教師とオンラインの面談を受けてみてください。

そこで、現状の悩み、現状の不安、成績の状況を客観的に分析致します。

その分析の際に、生徒さんがいますべきコト、改善しなくてはいけないポイントをご提示致します。

もちろん、無理な押し売りは致しません。

生徒さんを思い、生徒さんの最適解になるようMEI-PASSの家庭教師が親身になって解決策をご用意します。

コチラからMEI-PASSのLINE@にご登録いただき、必要事項をご記入の上オンラインで無料受験相談をいたします。

詳しくはコチラ

<▼皆さんにお知らせ▼>

この記事を見て、少しでも明治大学に入りたくなりませんか…?

近年、明治大学は難化の傾向をたどっています。

代表:菅澤孝平

配点も科目も対策方法もバラバラです。

個人で対策できるほど簡単な大学ではなくなってきているのです。

もし少しでも明治大学に興味があれば”明治大学専門のオンライン家庭教師MEI-PASS”と一緒に明治大学を目指しませんか?
代表:菅澤孝平

▼公式HP▼

▼無料受験相談はコチラ▼

-MEI-PASS, 受験勉強, 明治大学
-, ,

© 2020 MEI-PASS